多色なカプセル

避妊をし忘れてしまったり、避妊をしていたのにコンドームが破れたり外れたりしてしまうと妊娠してしまう可能性が出てきます。
特に女性が排卵日付近の場合には妊娠する確率は排卵日付近よりも大きく上昇してしまうため、慌ててしまいます。
そんな時に使えるのがアイピルです。
アイピルは避妊に失敗した時に飲むことで女性ホルモンのバランスを変化させて排卵をストップさせたり受精卵が着床する子宮内膜を剥がして、妊娠を防ぐことができます。
性行為後に飲むアフターピルは72時間以内に飲むことで有効性があると言われていおり、飲む錠剤も1錠だけで良いという手軽さです。
日本では産婦人科など病院で処方されており、処方の際には健康保険が使えず1錠で10000円前後の費用が掛かってしまいます。
望まない妊娠をしてしまって中絶を行わなければならない場合には20倍以上もの費用が掛かるので避妊に失敗して妊娠したくないという場合には服用しておいた方が良いでしょう。
しかし、アイピルを飲んでいたからと言って妊娠を100%防ぐことは不可能だと言われています。
避妊に失敗してしまってから24時間以内に服用すれば避妊の確率は約95%、72時間以内では約75%の有効性があり、時間が経てばたつほど妊娠する確率は上がってしまうと言われています。
アイピルは「絶対に妊娠を防ぐ」のではなく「妊娠してしまう確率を下げる」ものになります。
女性ホルモンのバランスを大きく崩してしまうため、女性の身体に大きな負担がかかってしまうものになるので、性交渉のたびに飲むものではありません。
避妊に失敗した時に緊急で飲む用途のものだということは理解しておきましょう。
妊娠を避けるためには毎日飲む低用量ピルを利用した方が確実です。
低用量ピルは飲み忘れさえしなければ100%に近い確率で妊娠を防ぐことが可能です。

記事一覧
カプセルと瓶

アイピルが欲しいけれども通販だと、包装でばれてしまうのではないかと不安になってしまう人もいるのではな...

嬉しく笑う女性

最近の若い女性にとって大きな悩みとしては生理に関することになります。 生理痛が非常にひどいひとにとっ...

錠剤とカプセル

妊娠はまだしたくないけれど避妊に失敗してしまって妊娠の可能性がある、という時に利用するのがアイピルで...

嬉しく笑っている女性たち

アイピルの避妊効果というのは非常に高いものがあり、正しく服用をすれば確実に近い確率で避妊をすることが...