• ホーム
  • アイピルと妊娠検査薬はセットで持っておこう

アイピルと妊娠検査薬はセットで持っておこう

錠剤とカプセル

妊娠はまだしたくないけれど避妊に失敗してしまって妊娠の可能性がある、という時に利用するのがアイピルです。
排卵を遅くしたり受精卵が着床する子宮内膜を着床しにくい状態にしてしまうことで妊娠を防止する効果があります。
妊娠してしまってからでは効果がなくなるので、避妊に失敗してから72時間以内に飲まなければいけません。
アイピルを飲んでから3日~20日ほどの間に消退出血が起これば、今回は妊娠していないということになります。
消退出血はアイピルでホルモンのバランスを変えたことで人工的に起こした生理のことで、受精卵が着床しないように剥がした子宮内膜です。
子宮内膜は受精卵のベッドとも言われているもののため、受精卵が着床しなければ排出されてしまうものなのです。
しかし消退出血が起こるまで長い場合で約3週間もかかってしまうので本当に妊娠していないかどうか心配になってしまいます。
そんな時のためにアイピルと一緒に妊娠検査薬を持っておくと良いでしょう。
妊娠検査薬は尿の中のホルモン量から妊娠しているかどうかをチェックすることができます。
アイピルを飲んだけれど消退出血が来ないから不安だという人は、妊娠検査薬でチェックしてみましょう。
妊娠検査薬は性交渉を行った日プラス一週間後から検査が行えると言われていますが、個人差もあります。
一般的なものは尿の中のホルモン濃度が高くなければ妊娠しているかどうかのチェックができませんが、一般的なものよりも低いホルモン濃度でもチェックすることができる早期妊娠検査薬もあります。
早期妊娠検査薬は性交渉を行った日から2~3日ほどからチェックすることができるので、一日でも早く知りたいという場合には早期妊娠検査薬を利用すると良いでしょう。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索